京つう

  学校・学生  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2007年09月01日

8/17 59回日米学生会議 京都フォーラム



===================================
イベント名:第59回日米学生会議 京都フォーラム
日程:2007年8月17日(金)12:30~16:00 16:20~17:20(交流会)
場所:京都市国際交流会館イベントホール(地下鉄東西線蹴上駅徒歩6分)
レポートライター:岩田拓真(京都大学・4)
===================================

8月17日、第59回日米学生会議の最後のメインイベントとなる京都フォーラムが一般公開で行われた。

まず、日米学生会議(Japan-America Student Conference-JASC)をご存知だろうか?
日米国際会議とは、戦前の1934年に発足した日本初の学生国際交流団体である。
戦時中など休会されていた時期もあるが、基本的には毎年開催されており、今年でなんと59回目。
OBには宮沢喜一元首相(日)やキッシンジャー元国務長官(米)などの名前も連ねられているというから驚きだ。
多数の応募の中から日本36名アメリカ36名、計72名(実行委員16名を含む)の学生が選ばれ、1ヶ月間にわたって共同生活をするというのが本会議の特徴。
本会議中の主な活動としては、分科会活動、フィールドトリップ、そしてフォーラムなどがある。
1年ごとに日米交互に開催され、今年は日本にて行われたのである。


7月26日から8月20日までの間に、彼らは東京、秋田、広島、京都と4ヶ所を回り、参加者同士の親交を深め、さまざまな日本文化に触れ、密度の濃い1ヶ月間を過ごした。
夜な夜な語り明かすことも多かったと言う。
また、参加者は各自それぞれ、7つの分科会に分かれ、分科会ごとに1ヶ月の間1つのテーマに関して議論を重ねた。
第59回会議の全体のテーマは「太平洋から世界へ~グローバルパートナーシップの探究と次代の創造~」であり、この壮大なテーマの元に分科会ごとに様々な議論が展開されたに違いない。
その議論した成果を発表するのがこの京都フォーラムであり、彼らの1ヶ月間の集大成である。



■プログラム内容
第1部
12:30~12:35 (財)国際教育振興会副学院長John Freemanより開会挨拶
12:35~12:45 来賓挨拶(京都市教育長門川氏、立命館大学川口総長)
12:45~12:50 日米学生会議 両実行委員長挨拶
12:50~13:20 基調講演および質疑応答 講演者:川勝平太氏(静岡文化芸術大学学長)
13:20~13:50 第59回日米学生会議概要発表
13:50~14:20 日米学生会議分科会発表
1. Opposed Identities: Ideology, Ethnicity, and Inequality in Conflict
2. Innovative Approaches to International Development
3. Pacifism & Belligerence: Examining Different Perspectives on the Use of Force




第2部
14:40~14:50 京都学生祭典によるパフォーマンス
14:50~15:30 日米学生会議分科会発表
4. Eastern and Western Art: Who is Imitating Whom?
5. Nationalism: Patriotism or Xenophobia?
6. Media Influence on Society
7. Creating a Global Citizen: Educational Focused on International Concerns
16:00~16:10 分科会講評
16:10~ 閉会の辞

16:20~17:20 交流会

開会や挨拶の後、まずは川勝平太氏による講演があり、その後分科会の発表を各自行うという流れである。
途中京都学生祭典による踊りパフォーマンスによる盛り上がりもあり、全体的に和やかなムードで会議は進んだ。
もちろんだが、会議の使用言語はほぼ英語のみである。
同時通訳装置も完備されていたが、私はそれを使わずに生で聞いていたため、講演や分科会発表の内容を詳細まで理解出来なかった。
記者としては何をしてるんだという話だが、大事なのは雰囲気を伝えることだと思うため、ここはあえて詳しい内容には触れずに行きたいと思う。
分科会の発表と聞くと糞真面目な形式を予想するかもしれないが、劇っぽくしたり、映像にしたりなど、分科会ごとに発表の仕方にもさまざまな工夫をこらしてあった。
10分間という短い時間の中で、長く深く話しあったことをどう伝えるか。
そういう部分を意識して作ったのであろう。
わかりやすく、なかなか見て楽しめる発表であった。
個人的には、4番目のPop Cultureに関する発表が、何枚もの面白い画像を散りばめてナレーションと音楽付きの映像にまとめられており、一番楽しめた。

会議の後の交流会で何人かの参加者とも話をしたが、そこで感じたのはやはり日本人とアメリカ人の意識の違いであった。
頭では理解していたが、実際にそれを感じ、ショックだった。
それは、一番はじめのIdentitiesの分科会の参加者と会話していて、「アイデンティティーって何だと思う?アイデンティティーの衝突が起きたらどうする?」と聞かれた時のことである。
全然答えられなかった。
それは自分の英語の語彙のせいもあるが、正直日本語であっても厳しい。
普段アイデンティティーについて考えることなんかないからだ。
アメリカという国は、言語、民族、文化の異なる非常に多様な人々で構成されているため、それらの違いによる衝突も頻繁にある。
そういった生活、社会の中で、自分のアイデンティティーについて意識することも多いのだろう。
日本にはほとんど日本人しかいないため、そういったぶつかりは皆無だ。
だからといって、考えなくてもいい問題ではない。
これからの国際社会を生きる我々にとって、自分の、そして他人のアイデンティティーを考えることは日々重要になっていくのではないだろうか。
なんだか難しいことを書いたが、言いたいことは1つ。
異なる文化、言語、民族の人と触れることによって感じることは色々あって、そういう機会を皆さんにも大切にしていただきたいということである。



さて、会議全体を通して感じたのは、日米両国の参加者間の仲のよさである。
楽しげに会話するその姿は、分科会に分かれて議論して発表した内容よりも重みのある何かを彼らが得ていたことを意味する。
会議で得られた成果を彼らはこれから長い期間をかけて何らかの形で社会に貢献、還元していくのではないだろうか。
日本とアメリカの関係、ひいては世界の中で。

I am Takuma Iwata, the student of Kyoto University.
I had a good time at the conference.
I talked with some members of JASC seriously, had a joke each other, and was satisfied with meeting you!
Thanks for JASC.
See you some day.

同じカテゴリー(イベント)の記事画像
6/23 100万人のキャンドルナイトin京都・陶板名画の庭
同じカテゴリー(イベント)の記事
 6/23 100万人のキャンドルナイトin京都・陶板名画の庭 (2007-07-23 09:35)

Posted by ガクシン記者 at 00:00│Comments(0)イベント
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。