京つう

  学校・学生  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2007年11月09日

10/20 映画「茶々-天涯の貴妃(おんな)-」記者会見

12月22日から公開される映画「茶々-天涯の貴妃(おんな)-」。
 戦国時代、織田信長の姪として生まれ、豊臣秀吉の側室となり、徳川家康と天下を賭ける決戦を繰り広げた女性・茶々。その激動の生涯を、壮大なスケールで描き出した時代劇大作が誕生する。
現在も撮影が行われている東映京都撮影所での記者会見に、ガクシン記者の笠井(京都外大・4)がお邪魔してきました!

「茶々-天涯の貴妃(おんな)-」
12月22日(土)より全国東映系にて公開



(C)2007 「茶々」製作委員会
原作:井上靖「淀どの日記」(角川文庫)
監督:橋本一
脚本:高田宏治
出演:和央ようか、寺島しのぶ、富田靖子、高島礼子、余貴美子、
   原田美枝子、中村獅童、渡部篤郎、松方弘樹(特別出演)
配給:東映

<ストーリー>
茶々、はつ、小督は戦国武将・織田信長の妹・お市の方と小谷城の城主・浅井長政との間に生まれた。両親は戦乱に渦に散り、秀吉の囚われ人として暮らすことになった三姉妹。はつ、小督と姉妹が嫁ぎ、一人残された茶々。そんな茶々を見初めたのは、両親を死に追いやった憎い仇の秀吉であった。そして戦乱を生き抜く女たちの物語が始まっていく。激動の時代を生きた女たちの姿を描く  続きを読む


Posted by ガクシン記者 at 19:52Comments(0)試写会&映画イベント