京つう

  学校・学生  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2007年09月01日

8/17 59回日米学生会議 京都フォーラム



===================================
イベント名:第59回日米学生会議 京都フォーラム
日程:2007年8月17日(金)12:30~16:00 16:20~17:20(交流会)
場所:京都市国際交流会館イベントホール(地下鉄東西線蹴上駅徒歩6分)
レポートライター:岩田拓真(京都大学・4)
===================================

8月17日、第59回日米学生会議の最後のメインイベントとなる京都フォーラムが一般公開で行われた。

まず、日米学生会議(Japan-America Student Conference-JASC)をご存知だろうか?
日米国際会議とは、戦前の1934年に発足した日本初の学生国際交流団体である。
戦時中など休会されていた時期もあるが、基本的には毎年開催されており、今年でなんと59回目。
OBには宮沢喜一元首相(日)やキッシンジャー元国務長官(米)などの名前も連ねられているというから驚きだ。
多数の応募の中から日本36名アメリカ36名、計72名(実行委員16名を含む)の学生が選ばれ、1ヶ月間にわたって共同生活をするというのが本会議の特徴。
本会議中の主な活動としては、分科会活動、フィールドトリップ、そしてフォーラムなどがある。
1年ごとに日米交互に開催され、今年は日本にて行われたのである。  続きを読む


Posted by ガクシン記者 at 00:00Comments(0)イベント