京つう

  学校・学生  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2007年11月09日

10/20 映画「茶々-天涯の貴妃(おんな)-」記者会見

12月22日から公開される映画「茶々-天涯の貴妃(おんな)-」。
 戦国時代、織田信長の姪として生まれ、豊臣秀吉の側室となり、徳川家康と天下を賭ける決戦を繰り広げた女性・茶々。その激動の生涯を、壮大なスケールで描き出した時代劇大作が誕生する。
現在も撮影が行われている東映京都撮影所での記者会見に、ガクシン記者の笠井(京都外大・4)がお邪魔してきました!

「茶々-天涯の貴妃(おんな)-」
12月22日(土)より全国東映系にて公開



(C)2007 「茶々」製作委員会
原作:井上靖「淀どの日記」(角川文庫)
監督:橋本一
脚本:高田宏治
出演:和央ようか、寺島しのぶ、富田靖子、高島礼子、余貴美子、
   原田美枝子、中村獅童、渡部篤郎、松方弘樹(特別出演)
配給:東映

<ストーリー>
茶々、はつ、小督は戦国武将・織田信長の妹・お市の方と小谷城の城主・浅井長政との間に生まれた。両親は戦乱に渦に散り、秀吉の囚われ人として暮らすことになった三姉妹。はつ、小督と姉妹が嫁ぎ、一人残された茶々。そんな茶々を見初めたのは、両親を死に追いやった憎い仇の秀吉であった。そして戦乱を生き抜く女たちの物語が始まっていく。激動の時代を生きた女たちの姿を描く  続きを読む


Posted by ガクシン記者 at 19:52Comments(0)試写会&映画イベント

2007年10月12日

10/3 映画「犯人に告ぐ」監督インタビュー

10月27日(土)から公開される映画「犯人に告ぐ」。
雫井脩介の数々の賞に輝いたベストセラー小説を見事に映画化した、
本格エンターテイメントムービー!
その公開に先駆けて、配給会社ショウゲートでの瀧本監督の記者会見に、
ガクシン記者の河島(関西大・2)がお邪魔してきました!

「犯人に告ぐ」
10月27日(土)からテアトル梅田、109シネマズHAT神戸
11月17日(土)から京都シネマにて公開



(c)2007「犯人に告ぐ」製作委員会
原作:雫井脩介「犯人に告ぐ」(双葉社刊)
脚本:福田靖
監督:瀧本智行
出演:豊川悦司、石橋凌、小澤征悦、笹野高史、
   片岡礼子、井川遥、松田美由紀、崔洋一、石橋連司
配給:ショウゲート

<ストーリー>
川崎で起きた連続児童殺傷事件。<BADMAN>と名乗りテレビに脅迫状を送りつけた犯人は、3件目の犯行後、表舞台から姿を消す。膠着した捜査に警察は、捜査責任者をテレビに出演させる大胆な【劇場型捜査】を決断する。
そこに担ぎ出されたのは刑事巻島(豊川悦司)。6年前の誘拐事件で取り逃がした犯人に、人質の男児を殺され、記者会見でマスコミの糾弾をうけて失脚した男。テレビカメラの前に立った巻島は言い放つ。「BADMAN、主役が黙っていてどうする?」――!!
犯人を挑発する巻島の発言に、報道は過熱し、非難の声が日本中にわきあがる!
全国民が見つめるなか、今、巻島は姿なき犯人と対峙する――!  続きを読む


Posted by ガクシン記者 at 21:19試写会&映画イベント

2007年06月16日

6/5 映画「舞妓Haaaan!!!」インタビュー

いよいよ6/16(土)から公開される、「舞妓Haaaan!!!」。
ここまで京都を面白くしちゃった、予測不能ムービー!その公開に先駆け、映画の舞台にもなった
「上七軒歌舞練場」での記者会見にガクシン記者の金田がお伺いし、監督/水田伸生、駒子役/
小出早織さんにインタビューしてきました。

映画「舞妓Haaaan!!!」
6/16(土)からTOHOシネマズ二条ほかにて公開



(c)2007「舞妓Haaaan!!!」製作委員会
脚本:宮藤官九郎
監督:水田伸生
出演:阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ、小出早織
配給:東宝

<ストーリー>
男の究極の夢。それは…<舞妓はんとの野球拳!!!>
熱狂的に舞妓はんを愛するサラリーマン鬼塚公彦がその夢を叶えるために、意気揚々と京都に
やってきた。しかし、「一見さんお断り」という花街のルールによってあえなく断念。しかし、ここで
終わらない! ここから京都を舞台に、勝手にライバル認定の内藤貴一郎、可憐な舞妓はんたち
を巻き込んだ、天文学的ドタバタストーリーが始まった。
----------------------------------------------------------------------------------------------------

<インタビュー>
--さっそくですが、小出さんは京都出身なんですよね?

小出:はい。京都生まれなんですが、お茶屋さんや花街といった世界とはあまり馴染みがなくて…。
撮影を通して舞妓さんの仕事は力強い意思がないと続かない仕事だなぁと実感しました。

--役づくりも大変だったと思いますが、どういった事をされたんですか?

小出:『祇園囃子』という映画を観たり、監督に勧めて頂いた『祇園の法則』という本を読んだり、
普段から浴衣を着たりして役づくりの勉強をしました。

--舞妓の衣装はいかがでしたか?

小出:舞妓の衣装は初めて着させてもらいました。
単純に白いなぁって思いました…単純ですみません(笑) それから、衣装がすごく重いんですよ。
動くのが本当に大変で。なので、これで仕事されているのかと思うと驚きましたね!10人居れば、7人
が辞めて3人が残るというプロの世界ですから、大変だとは思ってましたが予想以上でした。

監督:舞妓さんは、良い意味、現代でいうメイド喫茶のメイドさんってところでしょうかね。
でも単純に衣裳や見た目にだけでなく、時代に流されず受け継がれ残っている伝統があるというのは
凄いことですよ。芸を磨き、作法を身に付けているまさにプロフェッショナルだと思います。

--監督も"御座敷遊び"はされるのですか?

監督:まぁ、勉強のためにね!(笑)
やっぱり接客のプロですね。話も上手いし、御座敷遊びも楽しいし。どんどん楽しくさせるという技術を
持った人たちだと思いますよ。昔、初めて行った時は敷居が高いと感じたんですけど、一見さんお断り
のシステムは『実家のように寛いでもらいたい』という想いを実現し、荒らされないための自己防衛の
意識から生まれたもの。必要だったから出来たルールだと思いますよ。

--撮影にあたって、気をつけた点などありますか?

監督:ありのままの京都をそのまま撮ってしまうと、日本人が持っている京都のイメージからどうしても
ずれちゃうんだよね。一般的に『THE京都』っていう凝縮された京都のイメージがある。映画は夢を裏
切っちゃいけない。だから、東京にオープンセットも作って、日本人誰しもが持っている「THE京都」を
作りあげるように努めましたね。

小出:劇中の舞台となる「夢川町」は綺麗な花街で、凄くファンタジックで、夢見心地なところなんです。
そういったシーンも是非楽しんでいただきたいですね。お茶屋さん経験ですか?実際のお茶屋さんは
まだ未体験なので、一度行ってみたいです。

--監督、小出さんを駒子役に決めた理由は何ですか?

監督:そうだなぁ。一番に、役に合うかどうかを重要視して選びました。
顔の形も舞妓に似合う似合わないがありますしね。出来れば京都の方を使いたかったし、あまり現代
っぽくない感じが良いじゃないですか(笑) それに変わった趣味を持っているんですよ!

小出:実は、八百屋めぐりが好きなんです(笑)
季節によって店頭に並ぶ旬のお野菜が変わっていくじゃないですか、あの季節感があるところが好き
なんですよ~。本当に色々なお店を巡ってるんです、楽しいですよ♪

監督:ね、なかなか居ないでしょう?(笑)

--それでは最後にこれから映画をご覧になる皆さんに一言お願いします!

監督:こんな風なことになってしまいました(笑)
この映画は難しく考えないで、人と一緒に笑ってください。

小出:今回、舞妓Haaaan!!!に出演したことで故郷に錦を飾れたという想いです。
本当に楽しい映画です。是非楽しんで観て欲しいですね。


<取材を終えて>
ほんま、小出さんかわいかったです。監督はすごく気さくで楽しくて、感じのいい方でした。
映画はとにかく笑いどころ満載!観ながら大笑いしすぎないように注意してくださいね。
私は笑いすぎてちょっとやばかったですけどね、かなり面白かったです(笑)  


Posted by ガクシン記者 at 03:34Comments(0)試写会&映画イベント

2007年05月02日

4/12 映画「恋しくて」 監督:中江裕司インタビュー

4月12日(木)
映画「恋しくて」監督:中江裕司インタビュー



c「恋しくて」製作委員会

『恋しくて』
4月28日(土)よりテアトル梅田/京都シネマ
5月、シネカノン神戸
(近日)、滋賀会館シネマホール

監督:中江裕司
出演:石田法嗣、東里翔斗、山入端佳美、平良とみほか
原案・主題歌:BEGIN

ストーリー:
舞台は沖縄本島よりも南の島、ー 石垣島。
石垣で生まれ、ピアニストとジャズシンガーの両親に育てられ
物心ついた時から、歌う事が大好きだった加那子。
しかし、父がいなくなってから、歌えなくなってしまっていた。
高校生になった加那子は母の経営するジャズバーを手伝いながら、
毎日を送っていたある日、
ひらめきで生きている兄セイリョウの一言でバンドを始める事に。
幼なじみの栄順とマコトを巻き込んだバンド活動、そして恋…。
その行方は??

沖縄出身アーティストBEGINがモデルになっている
時に優しく、時には強くあったかい、 ハートが元気になる沖縄ムービー。  続きを読む


Posted by ガクシン記者 at 13:55Comments(0)試写会&映画イベント

2007年01月12日

12/22 「不都合な真実」試写会&筑紫哲也公開討論会

12月22日(土)
映画「不都合な真実」試写会&筑紫哲也 公開討論会@京都


先日、地球温暖化問題を提言する「不都合な真実」の試写会とニュースキャスターでジャーナリストとして活躍する、筑紫哲也さんのティーチインが行われました。そのイベントの様子をご紹介します。  続きを読む


Posted by ガクシン記者 at 14:29Comments(0)試写会&映画イベント